著名フリーエンジニアの休暇の秘訣

人間の体には限界があり、働き続けるということはできない。
しかし、仕事に集中していたり、大きな課題を抱えていると、この重要な点について見落としがちである。
無理は体に負担となり、心身に何らかの不調をきたしかねない。長く仕事を続けるためには、時には休暇をとる必要がある。
企業であれば、制度としてどのように休みの日や時間を取るかがある程度定められている。

しかし、フリーエンジニアは、自らの仕事に対して裁量権があるだけに、適切な休みを取ることを怠りがちではある。フリーのエンジニアが取るべき休みをどのように適切に取ることができるかについて、そのヒントがある。
フリーエンジニアとして名声を得ている有名な人物は、悠々自適な仕事ライフを楽しんでいる。彼らの余裕ある仕事ぶりが、どのような要因からもたらされているのかについて、注目する価値がある。

著名人がうまく仕事をこなしてパフォーマンスを発揮できているその背景には、きちんと割り切って休暇をとっていることが要因としてある。ビジネスとプライベートをきちんと分けることは、ビジネスマンとして重要なことである。
この両者を曖昧にしておくと、品質の高い仕事ができない。休むべきときには休み、仕事の時には徹底的に集中する姿勢を持つことで、仕事のパフォーマンスが高まる。
著名人のメリハリある休暇の利用方法を知れば、いかに休みを取ることが仕事にとって重要であるかがわかる。